東克樹はドラフト何位指名なの?出身中学と高校や大学についても!

東克樹投手

どうも管理人のたいがだ。

 

今回紹介する選手は、横浜DeNAベイスターズで投手として活躍している東克樹選手について記事を書いていこうと思っている

 

横浜DeNAベイスターズと言えば2017年セントラルリーグを3位でシーズンを終えるもクライマックスシリーズで勝ち上がってきておりそのまま日本シリーズへと出場することも出来た。

 

パシフィックリーグの覇者である、ソフトバンクホークスと対戦することになったが惜しくも勝ち越すことが出来ずに日本一になることは出来なかった。

 

しかし、強豪チームであるソフトバンクホークスと対等に渡り合ったのは素晴らしいと思う。

また、2018年も素晴らしい試合を見せて欲しいものだ。

 

では、初めに簡単にプロフィールから紹介していこうと思う!

 

【関連記事】

東克樹はイケメン画像はある?彼女は誰?家族や親についても!

東克樹投手の評価はどうなの?球種や球速と背番号も併せて紹介!

スポンサードリンク

東克樹のプロフィールは?

東克樹投手



名前    東 克樹(あずま かつき)

出身地   三重県四日市市

生年月日  1995年11月29日(22歳)

体重    74キロ

身長    170cm

ポジション 投手

投打    左投げ左打ち

 

東投手の年齢を見るととても若いことが分かる

 

今現在は、横浜DeNAベイスターズの投手として活躍することになっている。

まだ、2017年にドラフト会議で横浜DeNAベイスターズから指名を受けてプロでの登板がこれからとなっている。

 

後のテーマでドラフト何位指名で入ったのかも紹介していくので最後まで見ていって欲しい!

 

では、初めに野球を始めた経緯から書いていく

 

野球を始めたのは、小学校1年生の時になる

地元の小学校である四日市市立三重北小学校に通いながら「三重クラブ野球少年団」に入部する。

 

当時から投手をしていたかは不明だが、中学校に進学すると四日市トップエースボーイズと言うチームに入る。

 

硬式ボールで毎日練習に励んでいたと思う。

 

プロを目指す選手は中学校時代から硬式ボールで練習をしている傾向が多いと思うな。

 

また、中学時代には偉大なメジャーリーガーである野茂英雄が監督を務めるJUNIOR ALL JAPANに選出されており野球の本場であるアメリカ遠征も経験しているんだ。

 

中学時代からアメリカに行っているとは相当実力のある選手だったんだな。

 

高校は愛知県にある愛工大名電に進学する。

イチロー選手の母校であり高校野球がとても強い高校として全国に名の知れた高校となる。

 

この野球名門校には、全国から選りすぐりの選手が夢の舞台である甲子園を目指すために入学してくるが東克樹投手は何と1年の夏からベンチ入りを果たしておりしかも夏の愛知県大会の2試合に先発出場しているんだ。

 

野球強豪校であれば3年間ベンチ入り出来ない選手もいる中で、1年からベンチ入りかつ先発出場している時点で野球の実力が他の選手より頭一つ出ていることが分かるよな。

 

しかも、夏の大会と言えば3年生の先輩が最後の大会になる試合で先発出場していることも鑑みても監督からの信頼度も相当高いことが分かる!

 

しかし、2年生の時にも春と夏を通じて甲子園に出場しているが登板の機会はなかった。

 

この悔しさをバネにして相当練習に励んだと思う。

 

2年の秋からはエースナンバーとなる背番号1を背負うことに。

厳しい冬を超えて高校生最後となった3年の夏には2年連続で甲子園に出場。

甲子園では、福島県の野球強豪校である聖光学園と対戦しており6回まではチームが勝っていたものの7回に3失点をしてしまいそのまま3-4で敗退してしまう。

 

高校時代最後の夏となった試合では、甲子園初戦敗退と言う結果に終わることになる。

 

その後は、大学へ進学することを決意している

どこの大学に進学したかは次のテーマで紹介していこうと思う!

スポンサードリンク



出身中学と高校や大学はどこ?

まずは、出身中学校になるが四日市市にある大池中学校が母校になる。

 

高校は上でも書いたが、愛知県にある愛工大名電になる。

 

出身大学は、立命館大になる。

 

立命館も野球が強い大学として有名であるが、大学時代はどんな成績を残したのか紹介していくぜ!

 

大学も1年の秋からマウンドに登板している。

先発登板はないものの、リリーフ投手としてチームの主力選手として活躍していたそうだ。

 

2年時には左肘の痛みが発症してしまい登板機会はほとんどなかった。

しかし、この時期に下半身強化をメインで練習を行ったことが功を奏し3年生になるとチームのエースへと成長することになった。

 

大学時代には、ノーヒットノーランやMVP、最優秀投手、ベストナインも獲得している。

 

では、最後に横浜DeNAベイスターズからドラフト何位指名を受けたのか紹介していこうと思う!

スポンサードリンク



東克樹はドラフト何位指名なの?

2017年に開催されたドラフト会議では横浜DeNAベイスターズから1位指名を受けている

 

契約金1億円、年俸1500万円で契約を結び背番号は11となる。

 

2018年が初のプロ野球シーズンとなるのでどんな投球を見せてくれるのかとても楽しみだ

 

また何かあれば紹介していくので期待していてくれよな

 

【関連記事】

東克樹はイケメン画像はある?彼女は誰?家族や親についても!

東克樹投手の評価はどうなの?球種や球速と背番号も併せて紹介!

注目記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください